• このエントリーをはてなブックマークに追加

新規で自動車保険に加入するならどこを重点的にサポートすべきか

自動車保険と一口に言っても、大きく分けると自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は別名強制保険とも言われており、自動車に乗る人は必ず加入しなければいけません。ごく稀に自賠責無しで運転している人もいますが、それは違法行為であり大変危険です。一方の任意保険は、その名の通り加入するかしないかは運転者が任意に決めればよい保険です。しかし実際は、強制保険である自賠責保険だけでは賠償責任をカバーすることはできません。ですから、そのカバーしきれない分を任意保険で補う必要があり、任意保険に入ることも当たり前となっています。任意保険は民間の保険会社から様々な種類のものが販売されており、自動車運転者はその中から自分に合ったものを探して加入する必要があります。

対人賠償と対物賠償は無制限にしておくべき

自動車保険の任意保険に加入する場合、新規で契約する人は、どのように保険内容を組み立てるかで迷うことが多いですが、まず大事なのは対人賠償補償と対物賠償補償は無制限にして契約するということです。対人賠償補償は自動車で他人に怪我を負わせてしまったり死亡させてしまったりした場合の補償で、対物賠償補償は建物や公共の構築物を壊してしまった場合の補償のことです。この2つだけは無制限にしておかないと万が一の時に賠償額をカバーしきれなくなってしまいます。自賠責保険では死亡の賠償補償は3000万円くらいまでしか出ませんが、実際の死亡の賠償額は億単位になることもよくあります。その不足分をサポートするためには、任意保険で補償額を無制限にしておく必要があります。

新規で契約するならインターネット保険がおすすめ

自動車保険を新規に契約する場合、セールスマンと対面で話合って契約するタイプや郵送などで書類を送って契約する通信販売タイプ、電話で申し込むタイプなど色々な方法がありますが、一番おすすめなのがインターネットで契約するタイプの保険です。インターネットで契約するタイプの保険がおすすめの一番の理由は、なんといっても保険料が安くなるということです。ネット契約にするだけで、数万円の割引を受けられる場合も多く、対面販売よりも絶対にお得です。初めて契約する人は、ネット契約に不安を覚えるかもしれませんが、昨今のネット保険は手厚いサポート体制が整っていますから大丈夫です。分からないことがあればメールや電話で質問もできますし、マニュアルも充実しています。なによりネット保険だと自分で能動的にサービスを選択し契約するので、保険内容をよく理解した上で加入できます。