• このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の新規契約と事故対応

現在日本国内には数十社にも及ぶ自動車任意保険の会社が存在してますが、これまでの対面営業と今後の主流となりつつあるインターネット通販型の自動車保険とは何が違うのでしょうか。 一昔前では考えられなかったインターネットによる申し込みや契約約款のPDFイメージ化、そして保険証書もすべてメールなどで受信することになるなど、便利である反面エビデンスがパソコン上でしか連携できない精神的な不安などを明確にしていくことが必要です。 そして保険内容に纏わる加入条件やロードサービスの使用対象、万が一の事態に遭遇してしまった際の緊急な対応方法などが取り沙汰されているのです。 基本的に当初の加入保健をそのまま更新する人と、毎年見直しを行なう人との違いが如実に表れているのが現状です。

自動車保険に新規加入する際の注意点

これまで対面営業で保険の可否を確認して加入というのが一般的ですが、その方法としてもっとも手軽なのは検索エンジンなどで各保険会社の相見積もりを取る事です。 よく新規の自動車保険は見比べて対応するのが賢い方法というキャッチフレーズを見聞きますが、これはまったく同じ保険内容でもインターネットから申し込むだけで保険料が1万円前後安くなるということが挙げられます。 なぜこのようなことがキャンペーンされてるかというと、どの保険会社も新規開拓に躍起になっているからに他ならないのです。従来の保険内容だけを踏襲した更新となると、年と共に加入者は減少する一方です。この為に前述した取り込みをインターネット経由で行なってもらうことにより、キャンペーンを組んでいるのです。

事故対応はネット保険でもスムース

通信販売型のサービスでまず第一にユーザーが不安視するのは、対面営業と異なる営業所の所在などが明確でないことが挙げられます。いつでも対応してくれるのか不明で、ただ何かあったら電話して欲しいというのも不安となる要素です。 しかしながら現在任意保険サービスは各社で明確化されており、万が一の対応はもちろんのこと現場に提携している警備会社の社員を向かわせたり、相手と保険会社のオペレーターが話しをするなどの対応もマニュアル化されているのです。 加入時のキャンペーンでコストパフォーマンスに優れているのはありがたいですが、それだけでなく万が一の際の対応についても様々な点を考慮して動いてくれるのは非常に理想的なのです。そしてロードサービスや宿泊およびレッカー移動などについても、キメ細かいフォローをしてくれてるところが殆どなのです。